smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

黒夢 「Drug TReatment」

 

 

1997年の今日、黒夢にとってはメジャー通算4枚目となるアルバム……問題作といって

いいであろう、Drug TReatmentがリリースされた。

 

前作の音楽的変化にまだ追い付いていないファンも多くいたはずだが、黒夢はそのような

事は一切気にせず、ハードな方向へと舵を切ったのは前作だけの単なる気紛れではないと、

本作を聴いた当時の黒夢ファンなら誰もが実感したことであろう。恐らくは、本作と次作の

イメージ像が、最も世間的にも知られている"黒夢"と言えるかもしれない。私より若い連中、

80年代前半から半ば生まれの黒夢好きに話を聞いた限りでは、やはりパンク化した黒夢に、

中学生ないし高校生の時に出会って衝撃を受けたというパターンはかなり多いようだ。もっと

言えば黒夢でパンクを知った、なんていう子達が、私が思っている以上に大勢いたのであろう。

 

私は本作をどのような気持ちで聴いていたのか……たぶん、好きなバンドの新作として聴いて

いたのだろう。以前も書いたように、音楽的な変化に関しては、少なくとも黒夢に対しては

そこまで気になることもなく、直接的な敵意や怒りを剥き出しにする97年の黒夢の音楽を、

やはり楽しんでいたのだ。が、当時18歳の私は、洋楽と邦楽を聴くバランスが完全に前者へと

傾き始めた時期であって、本作を聴いて大いにチャームされるようなことは無く、強烈な

サムシングを受けたわけではなかった、という偽らざる気持ちは、正直あったと思う。

 

こうして文章にするにあたって、改めてアルバムを通して何度か聴き直した。結果感じたのは、

ドラッグという強烈なモチーフを中心に添えつつ、基本的なテーマは数点に絞られており、

反逆のカリスマとしての黒夢が完成されたアルバムであり、エロティシズムの極限を押し

出した楽曲もあり、宿命のように刻まれる、清春氏独特の女性観に則った楽曲もある、

といった内容は、思いの外前作と比べても極端な変化というわけではなかったのだな、と

いうこと。散漫な印象は否めなかった前作と比べて、サウンド自体の統一感もある。本作が

無かったら、SADS誕生も無かったのではないか、という要素も多く発見できる。

 

 

そんな当時の想いと今現在の印象を踏まえつつ、全曲それぞれについて語っていこう。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(2), trackbacks(0), pookmark

MANSUN 「ATTACK OF THE GREY LANTERN」

 

 

1997年の今日、当時英国ロックの若手有望株として期待されていた、MANSUNのデビュー作
となるATTACK OF THE GREY LANTERNがリリースされた。日本先行発売という待遇で、

今も昔も変わらぬ、英国美形ロック・バンドに対する我が国の音楽ファンの異様な情熱が

感じ取れるというものだが(私もその1人となってしまったことは、当然言うまでもない)、

ともあれ、90年代英国で猛威を振るったムーブメント、所謂ブリットポップがブラーの

デーモン・アルバーン氏の例の宣言によって事実上終焉を迎えた1997年において、本作に

込められた濃厚過ぎるほどの英国臭は、前年に、主にスウェード等のバンドによって、英国の

素晴らしさに開眼していた私にとっては、ある種の決定打であったのだろう。考えてみれば、

当時聴いていたUSオルタナ勢、スマパンやNINにしても、それこそビジュアル系にしても、

英国ロックからの影響が強いバンドが多いことに気付いたのもその頃であった。運命という

よりも、宿命であったのだと今改めて感じ入った次第である。そもそも、リリース20周年を

記念して書いている本稿の連載記事において、初めて取り上げる洋楽がマンサンであること

自体、何やら因縁めいたものすら感じてしまう。狙ったわけではないのに(笑)。

 

本作を手に取ったのは、恐らく偶然であったと記憶している。CD屋で注目の新譜として展開

しており、そこで知ったのだと思うが、そもそも彼らとは前年にニアミスしていて、日付も

はっきりしている。1996年11月4日(振替休日)である。何故そんなことが分かるかというと、

手元にある本作の国内盤ライナーを読んでいて、彼らがプロモーション初来日した際に、

池袋HMV(確かサンシャイン通りにある方の店舗だったような……)にてトーク&サイン会を

行ったという記述があったから。私は確かにあの時の異様な喧騒を覚えていて、多くの

女性ファンで溢れかえっていたのを遠巻きで見ていたのだ。実際にメンバーの姿を見たわけ

ではなかったのは残念だが、その後、当時のその手の事情に物凄く詳しい……否、実際に

体験していた女性からあの時代の喧騒について、生々しい(笑)話を聞いた結果裏付けが

取れたこともあって、ああ、あれはマンサンだったんだなあと。結局マンサンのライブを

観ることは叶わなかったので、せめて姿形だけでもこの目で見ておきたかった……何とも

惜しい事をした。

 

話がアルバムから飛んでしまったが、本作はイギリスで初登場1位を獲得。新人のデビュー作

としては立派な成績を収めたわけだが、97年の英国というとRADIOHEADが音楽史に残る傑作

OK CONPUTERを、VERVEが自身のキャリアにおいて起死回生となるURBAN HYMNSを、

PRODIGYが爆発的ヒット作The Fat of the Landをそれぞれリリース(他にも多くの名盤が

生まれた年である)、それらが年間ベスト・アルバムの上位を独占したことは、当時を知っている

人は無論の事、若い衆でも詳しい方々ならご存じかと思うが、本作はよっぽど好きな人以外は

改めて語られるようなことがあまり無いのも事実である。それ故に、拙ブログでは高らかに宣言

したい。そのキャリア自体は短命であったが、極東の音楽狂いに消えることの無い英国の妖しい

毒と美を植え付けたマンサンというバンドは、改めて世に語り継ぐべき価値があるのだ。

 

前置きが長くなりすぎたが、以下、楽曲について述べていく。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

L'Arc〜en〜Ciel 「True」

 

 

1996年の今日、L'Arc〜en〜Cielのメジャー第3弾にして通算4作目となるアルバム、

Trueがリリースされた。前作heavenlyのスマッシュ・ヒットを受けて、バンドの

人気と知名度も高まりつつあり、以前にも言及したように、本作の発売前には完璧な

先行シングル(後述します)が3曲、立て続けにリリースされ、アルバムへの期待は

私個人は勿論、世間的にもかなり高かったと記憶している。ビジュアル系ファンのみ

ならず、今時の女子校生も、OLも、サラリーマンも、L'Arc〜en〜Cielという破格の

可能性を持ったバンドの存在に気付き始めていたのだ。

 

結果的に、本作は初週のチャート1位こそ逃した(初登場の時点では2位)ものの、発売から

6週目にして1位を獲得し、その後もロング・ヒットを記録、ミリオン達成という偉業を

成し遂げたのである。無論、本作の凄まじい完成度及びポピュラリティの高さを鑑みれば、

当然の結果と言えるだろう。

 

日本のロック史に残る金字塔的作品であり、彼らのキャリアにおいても、様々な意味合いを

含めて、1つの頂点となった本作は、私にとっても当然ながら大切なアルバムであって、

本稿を書くに辺り、アルバムを通して聴き直してみて、改めてその素晴らしさに感動すら

覚えた次第である。何しろ、94年のメジャー・デビューからたったの2年で、ここまでの

レベルに到達しているのだ。その後、日本を代表する巨大なロック・バンドへと歩んでいく

彼らの未来は、この時点で約束されたものであったのだろう。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(1), trackbacks(0), pookmark

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「High Time」

 

 

1996年の今日、前作cult glass starsから8ヶ月という短いスパンで、ミッシェル・ガン・

エレファントにとってセカンド・アルバムとなる、High Timeがリリースされた。

既にミッシェル・サウンドのファンとなっていた私にとってみれば、早くも新作が聴ける

という喜びでいっぱいであったと記憶しているが、ともあれ、彼らはこちらの期待を全く

裏切るような事もなく、当時17歳の私のミッシェル熱を、より加速させるような、もう

最高に『カッコいい』、そして素敵なポップネスも兼ね備えた、見事なロック・アルバムを

作り上げてきたのだ。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

奥井雅美 「V-sit」

 

 

1996年の今日、奥井雅美女史にとっては通算2枚目となるアルバム、V-sit

リリースされた。適当なジャケット画像が入手できなかったので、またもや私物を

写真に撮ってみました(笑)。

 

洋楽のアルバムよりも先に、こういった作品を当ブログの20周年記念的シリーズ記事で

取り上げるのは意外に思われるかもしれないが、当時はまだ洋楽に対しては大した知識も

無く、発売日の時点で買う、といったような作品には、96年の17歳の時点ではまだ出会って

はいなかったのだ。故に、個人的に多大なる影響を受けたスマパン(これは95年だが)も、

96年にデビュー作をリリースしているASH、勿論SUEDEのcoming upに関しても、

その他多くの、今も尚大事にしている96年リリースの洋楽アルバムを買った時期は、

おそらく実際の発売日からは数か月ずれていたと記憶しているので、何もそこまで厳密に

する必要はないのかもしれないが(笑)、あえて載せてないというわけだ。洋楽のアルバムが

このシリーズ記事に載るのは、来年以降だろう。18歳頃には、洋楽に関しても意識的に

発売日をチェックして買うようになっていたから。

 

無駄な話を書いてしまったが、20年前、高校二年の私が闇雲に買っていた洋楽のアルバム

とは違って、本作の購入に関しては明確な意思が働いていた。そもそも、奥井雅美という

アーティストは、勿論アニメ・ファンを中心に高い知名度があるのだろうとは思うのだが、

それぞれの世代でどのような認識をされているのだろうか。私よりずっと若い連中から

してみれば、JAM projectのメンバーの1人という認識なのかもしないし、少し下なら、

『少女革命ウテナ』の主題歌を歌った人、なのかもしれない。私と同世代か上の人達は、

『スレイヤーズ』で林原めぐみ女史と共にOP曲を歌っていた頃に知ったというパターンが

多いのではないか。勿論、デビュー時から知っている人もいるだろう。ではお前はどうなんだ

と問われれば、『それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』のOVAが最初、と即答できる(笑)。

その辺りの詳しい経緯は本稿の趣旨とは外れてしまうので省くが、私にとって最初に好きに

なった奥井雅美曲は"Shake it"であり、その流れで本作も発売日に買いに行った。しかも、

当時は北千住にあったアニメイトにわざわざ足を運んで。どうしてそんな場所で買ったのか、

理由が分かる人は私と同じで、相当やばい人です(笑)。

 

閑話休題。この作品は、帯にも"2ND BEST"書かれているように、様々なアニメ関連を中心

としたタイアップ曲が主な収録曲となっており、アルバム用の新曲は数える程度、という

いかにもアニメ歌手らしい内容である。私に何か思想的な、創作的な意味において影響を

与えたものでは全くないのだが、私は当時、先日取り上げたhide氏のPSYENCEと同じ

くらい本作を聴いた。聴きまくった。並行してビジュアル系を聴き、所謂ヒット・チャート

のJ-POPも聴き、USオルタナやグランジ、英国インディ、ブリットポップなども漁っていた。

90年代とは、そういう時代だったのである。

 

そんな私にとっての90年代を語る上で、本作の存在は欠かせないと判断し、発売から20周年を

迎えた今日、いつも通り個人的な想いを好き勝手に書いていこうと思う。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

hide 「PSYENCE」

 

 

1996年の今日、hideにとっては通算2枚目となるソロ・アルバムPSYENCE

リリースされた。前作HIDE YOUR FACEで曝け出したhideというアーティストの

持つポテンシャル、唯一無比の才能は、本作をもって、"限界破裂"ならぬ限界炸裂した

と言っても過言ではない傑作である。1996年という時期を鑑みても、ここ極東の国で

このような素晴らしいロック・アルバムが生まれたという事実は、もっと重要視すべき

であろう。時代とリアルタイムにリンクしながらも、時代性に囚われない、バラエティに

富んだ、おもちゃ箱のようなアルバム。精神病と科学を足したという絶妙な造語のタイトル

からして、hide一流の美学に則っており、まさにhide学とでも言うべき作品なのだ。

 

私個人としては、発売日に秋葉原の今は亡き・・・…店舗名は忘れてしまったが、ともあれ

学校帰り(サボったかもしれない(笑))に初回盤を買いに走ったことはよく覚えている。

故に、今回は自前のアルバムを写真に撮って、ジャケット画像として載せてみた。

hideなんだからピンクだろ、と思って買ったっけ。私自身の趣味も多分にあったけど。

CDの盤面を確認したら、当然の如く盤C(弊社基準)であった(笑)。超、超聴いたからなあ。

付属のブックレットは、もう最高にカッコいいセンス抜群のレイアウトで、今目にしても

全く古びてないというのが凄い。Xのhide、というイメージがまだ濃厚だった前作と

比べると、ポップで過激、毒気満載というhideらしさは10倍増しになっている。勿論

それは、アートワークのみならず、音全体にも貫かれている基本姿勢である。以下、

いつも通り好き勝手に全曲それぞれ、私の想いと共に述べていこう。

続きを読む >>

at 23:06, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(2), trackbacks(0), pookmark

BUCK-TICK 「COSMOS」

 

 

1996年の今日、BUCK-TICKにとっては通算9枚目の、ビクターエンターテイメント在籍時

ラストとなるアルバム。COSMOSがリリースされた。前作SIX/NINEで本格的にB-Tの

音世界にのめり込むことになった私にとっては、リアルタイムで味わう初めてのB-Tの

最新アルバム、ということでもあったので、一際思い入れのある作品だ。

 

……で、この文章を書いているのが24日……日にちを勘違いしていたということではなく、

完全なる怠慢です。申し訳ない……。

 

閑話休題。当時17歳の私は、単純に好きになったバンドの新作、ということに興奮しつつ

聴いていたのだと思うが、既に先行シングル"キャンディ"のあまりにもキャッチーなメロディ、

強烈な轟音ギターの洪水に度肝を抜かれており、当ブログでも隙あらば語っているように、

USオルタナやシューゲイザーなどの洋楽も聴くようになっていた時期なので、この楽曲を

基調としたギター・ノイズが炸裂するポップなアルバムになるのかな、などと想像もしていた

のだと思う。

 

勿論、そんな高校生の浅はかな想像とは別次元のレベルで、B-Tは驚きの音世界を我々に

提示したのであった。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

黒夢 「FAKE STAR~I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER~」




1996年の今日、黒夢にとってはメジャー3作目となるアルバムであり、今も尚、黒夢の、
いや、もっと言えば清春氏自身のイメージを決定付けたタイトルが冠された作品と言える
であろう、FAKE STAR I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER  ~」がリリースされた。

……と、これを書いているのは実は28日……リリース日を29日と勘違いしておりました……
などと内輪のミスを正直に書きつつ話を進めていこう。前作feminismに引き続き、チャート
では初登場1位を奪取、黒夢というバンドの人気を世間に知らしめたアルバムではあるのだが、
それ以上に、初期のイメージからは激変した前作から1年足らずで、黒夢は全く違うモードに
突入していることを証明してみせた作品でもある。勿論、結果的に彼らは1年置きに自らの
スタイルを変化させていくことになるのだが、本作においては、その後の彼らの歩む道が
萌芽しつつあるような要素もあれば、黒夢流の歌謡曲路線もまだ引きずっているような作風
であって、今改めて聴くと、とっちらかった印象も受ける1枚だ。事実、やりたい事があまりに
多すぎたのか、収録曲の数もSEを含めて17曲、未完成の曲まで入っている。ジャケット通りに
カラフルでバラエティ豊か、とも言えるが、やはり散漫な印象は拭えない。

とはいえ、これもまた黒夢の歴史に相応しいアルバムであり、厳しいことは書いたが、当時
17歳の私は、言うまでもなく本作を繰り返し聴いた。聴きまくった。個人的には、黒夢楽曲
の中でもトップ5に入る曲もある。以下、いつも通り楽曲毎に個人的想いを述べていこう。
続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(1), trackbacks(0), pookmark

LUNA SEA 「STYLE」




1996年の今日、LUNA SEAにとってはメジャー4作目、通算で5枚目となるアルバム、
STYLEがリリースされた。1年ごとに新作をリリースしていた彼らにしてみれば、
過去最長の、それなりのインターバルを経て生まれた作品である。当時の活動歴を
簡単に追ってみると、前作MOTHERリリース後、94年12月には日本武道館ライブを
数回敢行し、翌年にはツアー三昧。PV集ECLIPSEがリリースされるも、しばらくは
新作音源のリリースは無く、11月に"DESIRE"が先行シングルとしてリリースされている。
そして映像作品にもなった、ルナシー史上初の、そして日本のロック史に残る伝説を刻んだ、
東京ドームライブ「LUNATIC TOKYO」が、12月23日に開催されている。96年に入って、
3月には"END OF SORROW"がシングル・リリース。そして4月の本作発表に至る、という
のが一連の流れである。

94年のMOTHERで彼らの音楽へと本格的に誘われた私は、その後ライブにこそ参戦
していないものの、リリースされる音源や映像作品は全てリアルタイムで購入して、
彼らの載っている雑誌を買い漁り、曲をコピーして(笑)、一ファンとしてルナシーの
ニュー・アルバムの発売を首を長くして待っていた。私にとってはリアルタイムで
接する初めてのルナシーの新作アルバム、ということになるわけで、とにかく期待
しまくっていたし、世間的にも、大物バンドの新作リリースということで盛り上がって
いた。特にバンド系の音楽雑誌には、ルナシー全体は勿論、メンバーそれぞれの特集が
多く組まれており、彼らのインタビュー記事や楽曲解説を読んでは、いちいち驚いたり
興奮したり、と高校生バンドマンとしては、実に健全な楽しみ方をしていたのも、少々
こそばゆくも懐かしい思い出なのだ。


本作で提示された音世界は、何処にも属さない、何者にも似ていない、LUNA SEAという
"スタイル"そのものである。後世への影響は計り知れないが、その実、このサウンドの
本質に近付けた後続のバンドは、今も尚、皆無である。安易な模倣が跋扈しようとも、
まるで次元の違う位置で輝きを放つ高潔な美学があり、豊富な音楽的バックグラウンドに
裏打ちされたセンスがあり、純粋な音楽的好奇心があり、プレイヤーとしての矜持があり、
それら全てを凄まじい情熱と共に創作活動に注ぎ込んだ結果、本作における圧倒的な
オリジナル性を成立せしめて、作品の芸術的価値を、永遠のものとしたのである。
続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(2), trackbacks(0), pookmark

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「cult grass stars」




1996年の今日、ミッシェル・ガン・エレファントにとってはメジャー・デビュー作となる
cult glass starsがリリースされた。このバンドと私がどのような付き合いをしてきたのかは、
以前、前編中編後編に分けて長々と書いたので詳細は省くが、当時17歳になろうとして
いた私にとって、このアルバムで鳴らされる音は、ある意味異質なものであったように思う。
邦楽のロック・バンドといえばビジュアル系であった当時の私。同時に、徐々に聴き始めて
いた洋楽は、同時代のオルタナが中心であったせいか、所謂初期パンクやロックンロールに
まるで興味が無かったし、初期ミッシェルが持っていた音楽性、ブリティッシュ・ビートや
ガレージ、パブ・ロックといったジャンルは、私にとってはどれも始めて聴くタイプのもの
だった。だからこそ、所謂元ネタ探しをする必要も無く、否、それができるほどの音楽的
語彙が不足していたからこそ、このアルバムを、"ミッシェル・ガン・エレファントの
デビュー作"という情報だけで味わうことができたのは、やはり幸福であったように思う。

彼らの音は、私からすれば大人のロックであった。今聴くと、さすがに青臭い雰囲気も
当然ながら感じられるが、91年結成というキャリアを鑑みても、バンド自体が遅咲きの
デビューであり、メジャー・デビューの時点で既にメンバー自身も20代後半を迎えていた
ということもあって、若さ故の無茶苦茶さは感じられず、ほぼ完成された音楽性と、
ファッションも含めた徹底したイメージの統一、チバ氏を中心とした世の中に対する
斜に構えた態度、ちょっとしたブラック・ユーモア(それは時にチャーミングな魅力でも
あった)……それら全てが、当時の私からすればとてつもなくクールでカッコいい、今まで
知っていた"カッコいい"というパターンに、新たな選択肢が増えたような気さえしていたのだ。


私にとっての"カッコいい"という価値観に新たな色を塗りたくった、モッズ・スーツの
男達。あまりにも幸福であった10代の音楽体験の中でも重要な1つとして、好き勝手に
語っていきたい。
続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(1), trackbacks(0), pookmark