smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< Sun Kill Moon & The Album Leaf 「Perils From The Sea」 | main | 5/9(木) 渋谷クアトロ 〜 Jake Bugg初来日公演レポ。 >>

Falling In Reverse 新作PV映像“Alone”公開、なのだが・・・




何はともあれ、Youtubeの評価欄を確認して頂きたい。現時点でのプラス評価が約9800
くらいで、マイナス評価も8800くらいという、両極端の評価で拮抗しているというのが、
彼らの立ち位置を如実に現しているようで興味深い。

このバンドに関しては以前の記事を参考にしてもらうとして、デビュー・アルバムが全米
チャート19位を奪取したことで自信を付けたのか、問題児ロニー氏(Vo)、スクリレックスが
最高にワルになったが如き新ヘアーも気合十分である。頭にタトゥー入れちゃうのはちょっと
やばいと思うけどね〜(苦笑。あのランシドのティムだって、蜘蛛の巣のタトゥーを入れたは
いいが、それ以来基本的には帽子被っているはずだし)。

肝心の楽曲だが、正直言って凄くダサい(笑)。エレクトロ、ラップメタル、メタルコア、その他
色々ごちゃ混ぜになってはいるが、音楽的センスというものはあまり感じられないのも事実。
ロニー氏のメロディは相変わらず一定水準のポップさがあって聴きやすいが、それにしても
これはちょっとなあ・・・と10数年スクリーモ〜メタルコアといったジャンルを聴き続けた
私としても、そう思わざるを得ない。

でも、私は今年6月に予定されている彼らのセカンド・アルバムFashionably Late
は、リリースされたら必ず買うと決めている。何故か? それはこのバンドに対する思い入れ
というよりは、Ronnie Radkeというヴォーカリストに対する思い入れであると言えるのだ。
自称ロック通やら評論家連中、もちろん私も含めて、自分たちの音楽をダサいだの何だの
言われようとも、「知ったことか、お前らに俺のような生き方ができるのか?」と噛み付かん
ばかりの態度で突き進むロニー氏が、私は好きなのである。ワルだからカッコいいのでは
ない、そういう人間が存在していい場所、自己を表現してもいい場所、そういう場所に彼は
いて、少なからず彼を求める人がいる、そして彼は彼なりに音楽と共に生きている、そういう
ロニー・ラドク氏を、私は僭越ながら見守っていきたいのだ。


もちろん、お知り合いにはなりたくないが(笑)。

at 23:49, 某ライター, Music(News)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:49, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1103