smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 今夜の90年代ビジュアル系。第二十七夜 | main | 11/24(日) 新宿LOFT 〜 サロン・ド・キノコ〜秋の人間狩りリターンズ >>

11/23(土・祝) 東京キネマ倶楽部 〜 赤い公園単独公演レポ。



以前、赤い公園のデビュー作の紹介記事で予告した通り、彼女達のツアーファイナル、
個人的には初となる赤い公園のライブに足を運んできた。場所は1年近く前に行った
東京キネマ倶楽部。歩道橋にずらりと人が並んでいて若干気後れしたが、どうやら
整理番号が良かったようで(確認すらしていなかった)、さらっと入ることができて
助かった。初めてライブを観る・・・という場合、全体像を確認する為に遠目で観るか、
やはり前列に行くか、と少しだけ悩んだが結局前の方に向かうことに。結果、いい感じに
彼女達のノイズを浴びることができたことは先に述べておこう。

大体20分押しくらいでライブ開始。最初にドラムスの歌川菜穂嬢が登場してリズムを刻む。
すぐにベースの藤本ひかり嬢が現れてビートを弾き出す。2人のビートに導かれるように、
ヴォーカルの佐藤千明嬢、ギタリスト兼コンポーザーの津野米咲嬢が現れて、ライブは
“今更”でスタート。まあ、当たり前だがとにかく若い。お嬢さん方のあまりの若さに
オッサンは気後れしそうになったが、それ以上にライブという場での彼女達はあまりにも
堂々としており、色眼鏡で見ているような連中がいたら、そそくさと退散させてしまうで
あろうライブ・パフォーマンスの説得力の方が、若いという特権的輝きよりも、実は遥かに
勝っていたので、私としては嬉しい誤算である。アルバムを聴いてある程度は予想して
いたけれど、これほどとはね。2曲目の“のぞき穴”でフロアは早くも彼女達のペースに。
この時点で、彼女達のライブ・バンドとしての実力はあっさりと本物であることは証明
されていた。グルーヴにせよ、単純に音の迫力にせよ、音源の何倍も良いのだから。

音を聴いてみて良かったからライブに行こう、と決めただけの私なので、彼女達4人の
パーソナリティについてはよく分からないが、メンバー随一の長身のヴォーカリスト千明嬢は
ギャルっぽい金髪かつ姉御肌っぽいキャラで、「かかってこい!」みたいな某ヴォーカリスト
の伝説のMCを高らかに叫ぶ姿にはちょっと驚いた。私の立ち位置からはよく見えたのは
ベーシストのひかり嬢。とにかく笑顔、笑顔で跳ね回る姿は何とも可愛らしい。ドラマーの
菜穂嬢はコーラス部分もかなりの割合で担当。こちらのお嬢さんも笑顔が印象的であった。
米咲嬢(髪の毛が長いイメージを勝手に持っていたのだが違った)は、ギターにキーボードに
コーラスと八面六臂の活躍で、クールと見せかけて素直な喜びや感情の揺らぎがちらほらと
見えていたのが興味深い(彼女の歌詞世界と一緒なのかもしれない)。4人ともキャラ立ちして
いる、ということも大きな武器であろう。白を基調としたファッションもそれぞれの色があって
フォトジェニックであった。大人になって間もないけれど、少女を卒業するにはまだ早い、
みたいな雰囲気の、ある意味においては10代の青春時代よりも短い瞬間が、今夜の彼女達
には感じられたのである。私の勝手な妄想に過ぎないが。

デビューアルバムの曲のみならず、メジャーデビュー時にリリースされたミニ・アルバムからの
楽曲、自主制作時代の作品からの楽曲も随所に演奏され、これが現在の彼女達の、赤い公園の
音楽なんだ、といいうことがよく網羅された選曲でライブは進行。中盤辺りでリズム隊はステージ
から下がって、千明嬢と米咲嬢によるアコースティックによる演奏を3曲披露。個人的に好きな
“つぶ”が選ばれたのは意外だったが、やはり白眉だったのは“体温計”であろう。千明嬢の
ヴォーカルは想像以上に素晴らしく、おそらく今はほとんど才能だけで歌っているのではないかと
思う。これで所謂テクニック的な、例えばビブラートとかそういった類いのものを更に身に付けたら
・・・とも思ったが、それは彼女の持つ素直な歌声の方向性とは少し違うような気もする。
音源化したことが無い、というMAT BLUEという楽曲も披露されたのだが、さりげなく変拍子
が入っているところが彼女達の、米咲嬢の個性を感じさせて面白い。彼女のソングライティング
センスについては以前書いたので割愛するが、定石に収まらない突拍子の無さと、職人的な
ポップ・ソングへの憧れが入り乱れているのが魅力なのだろうと思う。

MCは、高校生がバンド始めてそのまま成長したって感じありありの雰囲気(笑)だったのが
面白かったのだが、なんというか、彼女達のサウンド、そしてライブは4人の女性のお喋りを
音として具現化したかのようだ。しなやかに激しく踊り歌うヴォーカル、繊細なアルペジオと
ノイズを放出するギター、主張が強烈なベース、展開の激しい楽曲を独特のリズム感で
繋いでいくドラムス・・・これら全ての「お喋り」がごっちゃになって、「赤い公園」という1人の
女性像が浮かび上がっていくような、そんな気がするのだ。

個人的に特筆しておきたいのは、何というか、うら若きお嬢さん方がイノセンスな態度のままで、
90年代的ノイズを、静と動を、見事に現代に昇華していた、ということ。“塊”“急げ”辺りには
完全にやられた。ノイズとの戯れ方を、こんなにも正しく理解している20歳そこそこのお嬢さん
たちに、もはやジェラシーである(笑)。ひかり嬢のあのベース・ライン及びエフェクターの荒々しい
使い方を見よ。米咲嬢の「ギターで出せる音への興味」的な態度を見よ。とはいえ、90年代の持つ
ナイーヴさ、乾いた叙情性などは彼女達のノイズには全く感じられないことも、ライブで見て聴いて、
はっきりと分かったことでもある。彼女達を語る上でガールズ・バンドという呼称は足枷でしかない
ようで、やはり女性だからこそ成し得る音楽であることは、特にライブを観ている方々なら理解できる
ことであろう。ベースとコーラス、トライアングルだけで引っ張る“くい”の前半部分には、何とも妙な
生々しさと、不思議なエロティシズムのようなものを感じたのも個人的な収穫。こういう面もあるのだ
と思い、潜在的な女性への敬意、畏怖が呼び起こされたような気がしたのだ。大袈裟ではあるが。

本編ラストは自主制作盤からの曲で、どうやら定番らしい“ふやける”。こちらも静と動を駆使した
アレンジの楽曲だが、単にそれだけでは語れない要素がたっぷり詰まっているのが赤い公園の
一筋縄ではいかないところ。やはり、彼女達は現代を生きる才能を持ったバンドなのだ。

一旦全員がステージを去り、ベースの爆音ノイズだけが置き去りにされる中、パンツスーツ風の
ファッションにお色直ししたメンバーが再度登場。米咲嬢のみ、例のステージに設置されている
階段の上にあるサブ・ステージ的な場所で、キーボードを前に座り、披露されたのは“交信”
私は以前この楽曲について、こんな風に書いていたのだが・・・撤回というか、彼女たちの成長の
早さには感服してしまった。音源よりも、遥かに良かった。今の彼女達が同じ曲を録音したら、
全く違うレベルに達しているであろう。いやはや、全く末恐ろしいお嬢さんたちである。


さて、色々と書いたが、端的に言ってしまえば、実に良いライブであった。このようなカッコいい
バンドがいるということは、現代の日本の音楽シーンの惨状を鑑みると、正直ほっとする(苦笑)。
終演後には来年のニュー・シングルリリース(アニメと映画のタイアップ付き)やイベント決定の
報もアナウンスされ、来年以降より大きなバンドになっていくであろうことは想像に難くない。
もちろん、周囲の大人の思惑なんぞには目もくれず、4人が楽しく好きなように音楽を作って
いってもらえれば、リスナーである私としてはそれでいいと考える。機会があれば、またライブ
にも足を運びたい。やっぱり私がメインとしている洋楽のアーティスト及びバンドと比べたら、
国内のバンドは気軽に行きやすいし。
 

追記・・・もちろん、手放しに絶賛したいわけではない。私の感性とは合わないなあ、と
思った面も幾つかあった。それはごく個人的なことでしかないが、放出されたノイズに
閉塞感たっぷりの闇も、ストイックな美意識も感じられなかったことは大きいかなあ。
まあそんなことより何より、あんなに素直に笑顔で無邪気に楽しんでいる姿は、正直
気恥ずかしくなるくらいであった・・・ということも、34歳のオッサンの素直な感想(笑)。

追記2・・・アイドルを見に来たみたいなノリ、ロキ●ン系のノリ、玄人風オッサン、みたいな
不思議な(とかいってキノコホテルもこんな感じだが)客層と盛り上がり方には、ちょっと
奇妙な気分になってしまいました・・・。

at 00:47, 某スタッフ, Music(Live Report)

comments(0), trackbacks(1), pookmark

スポンサーサイト

at 00:47, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1198
Nowpie (なうぴー) J-POP, 2013/11/25 7:49 AM

赤い公園 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど