smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 4/12(土) ZEPP TOKYO 〜 黒夢 DEBUT 20TH ANNIVERSARY The second coming of 1994 『地獄ノ三夜』 第一夜「生前」 | main | Heartist 新作PV映像“Pressure Point”公開!! >>

4/13(日) 渋谷duo 〜 ALCEST来日公演レポ。



前回の来日公演は売り切れてしまい、今回こそはと臨んだアルセ(結局、ストが
付くのか付かないのかどっちなのだろう・・・)の来日公演。今回はきっちり
チケットも取ることが出来て、黒夢の次の日ということで精神的には少しばかり
疲れていたのだが(苦笑)、結論としては非常に素晴らしいパフォーマンスを
目撃することが出来た。以下、いつも通り順を追って書いていく。

●Vampillia

今回のツアー・イベントを主催しているバンドであるのだが、私は彼らのことを
全く知らなかった。だからこそ、何の先入観も持たずに観ることが出来たのだが。
本人たち曰く、「ブルータル・オーケストラ」だそうだが、大所帯の面々による、
情報量が限りなく多いサウンドであった。悪ふざけのようなパフォーマンスは、
まあ正直私にはあまりどうでもいいように感じられたのだが(失礼)、音だけに
集中してみると、結構懐かしい音を出しているな、と言うのが個人的印象。
こういうバンドはライブを観てこそだと思うし、いちいち音の分析をしても
それこそ野暮というものだとは承知の上だが、05年に結成されたということで、
当時流行っていた轟音系のポスト・ロックが基本としてあって、それこそ、
ENVYなどの激情カオティックな音であったり、MONOや残響系のバンドの
ポスト・ロック的手法、海外勢なら65DAYSOFSTATICとか、もう名前を
挙げればきりがないが、そういった辺りのバンドなどが色々と思い出された。
数種類のグロウルを駆使していたヴォーカル氏の、切なすぎる小学生時代の
エピソードにはさすがに苦笑いであったが、サウンド自体はそこまで難解でも
なかったし、結構聴きやすい。雑多な情報を雑多のままで、耽美的な方向には
向かわせないようにしている・・・と思しきサウンド・アレンジが面白かったな。
これも、大阪出身ならではなのだろうか。

ただ、あえて言うなら空間を支配するほどの技量は感じられなかった。それは、
彼らの後に出たenvyを観て、より強く感じたことでもあった。

●envy

というわけで、私としてはかなり久々のenvy。いつ以来だったか・・・と
考えて思い出した。5年前のLEAVE THEM ALL BEHINDで観たなあ。そっか、
もう5年も経つのか・・・などとちょっとした感慨に浸っていた私であったが、
さすがにベテランな上に熱烈なファンも多い彼ら。今回も、熱心なファンからの
熱い声援も結構聞こえたが、彼ら自身はいつも通り淡々と自らセッティングし、
素晴らしいライブを魅せてくれた。

迫りくる激情、文学的なポエトリーリーディング、静謐な美、天上から降り注ぐ
福音の如き轟音・・・そう、いつもながらの研ぎ澄まされた、envyにしか出す
ことのできないサウンドは健在であったのだが、今回特に感じ入ったのは、
安らぎすら感じさせた轟音の存在である。モグワイとの邂逅による、音響系への
傾斜は、彼らのサウンドにより広い幅を持たせたことは間違いないだろうが、
轟音の質みたいなものが、以前と比べてもまた変化しているように感じたのは、
おそらく気のせいではないと思う。奇しくも同じ渋谷duoでライブを観たことの
ある、DO MAKE SAY THINK(toeとかと一緒にやってたなあ)なんかを、私は
思い出していた。包み込まれるような轟音による音のシャワー。もちろん、
envyには独特の悲哀が、ニヒリズムがあるし、単に癒しなどと言ってしまう
ような気は毛頭無いが、彼らのサウンドの音圧には、「君の靴と未来」の頃の
言い知れぬ哀しみよりも、何処か優しい眼差しが感じられたというか・・・
先ほど述べた、空間を音によって操る手腕はますます冴え渡り、さすが、の
一言である。このスタイルで彼らを追い越すことは、最早不可能なのではない
か、と思うほどの凄味、ハードコア出身ならではの緊張感も当然ながら健在で、
やはり本物中の本物は違う、と唸らされるばかりであった。

●ALCEST

長髪パーマ、黒いバンド・シャツ、そんな男たちが4人並べば、誰がどう見ても
メタル・バンドだし、いつブルータルなリフを弾き始めるか、華麗なギターソロ
を弾き始めるか、泣きのチョーキングに酔いしれるか・・・といったような
ルックスがまず面白い(笑)。もちろん、彼らの、首謀者であるNeige氏の出自を
知っている人なら驚くことはないだろうが、ALCESTのバックグラウンドを何も
知らずに(そんな人は今回のライブには来ないだろうが)、音だけ聴いた後に
いざライブで彼らの姿を見たら、きっとその人は戸惑うに違いないであろう。
知っている私も、何だか不思議な気がしたくらいだし。

そんな彼らのライブは、ブラック・メタル的な要素というか、ブラック特有の
寒々しい感触は、ほぼ皆無となった最新作Shelterのイントロ的な楽曲である
Wingsが流れ出し、そしてそのままOpaleという流れでスタート。ディレイ
などの空間系のエフェクターを多用した実に温かみのあるフレーズ、淡いノイズ、
白昼夢を現出せしめるフランス語による歌、アルセでしか有り得ないサウンド、
その世界観に、早くもフロア内は包まれていく。本来ならデスメタルでもやって
いそうなサポート・ギタリストの美しいファルセット・ヴォイスにまた吃驚
させられたが、全体的な印象としては、音源よりもロック的なダイナミズムを
感じる。Summer's Gloryなんかではより顕著であったが、ネージュ氏の
音楽的背景の重要な部分を占めているであろう、80年代〜90年代初頭の英国
インディ・ロックというよりも、それに影響を受けたスマパンのような、
USオルタナ的な要素が、より強く感じられたのは、私個人としては今回の
最もたる収穫であった。バンドとして非常に息の合ったプレイであったので、
シューゲイザーなどに強く影響されたバンドにありがちな、雰囲気で押し通す
ような甘さは一切感じられなかった。

凶暴性と抒情性とを共存させた‟Là Où Naissent Les Couleurs Nouvelles”
なんかは、音楽性は違えどOPETHなんかも思い出した。付け焼刃のブルータルさ
などではなく、かなり堂の入ったブラック的絶叫に思わずメロイック・サインを
頭上に突き上げるメタル・ファンも多数いらっしゃいました(私もですが)。
Percees De Lumiereも素晴らしかった。ブラック・メタルとシューゲイザー
的なギターの類似性は以前から拙ブログにおいても指摘しているが、こうして
ライブで聴くと、その思いは強まるばかりだ。同時に、Shelter辺りの
ベース・ラインなんかはやっぱりオルタナ的だし、アンビエントな空間を
演出するSur L'Ocean Couleur De Ferは、ポスト・ロック的な匂い。
ネージュ氏は85年生まれ、ということで若いし90'S世代ではないのだけど、
彼の鳴らす音には、とにかく親近感を覚えてしまうのだ(笑)。とはいえ、
彼はおそらく自身の音楽性を限定しているわけではなく、その都度思い描いた
ビジョンに基づいて、自然に音楽を作り上げているのだと思う。だからこそ、
どの作品の楽曲を並べても、一貫性のようなものが感じられるのだ。

MCは朴訥そのもの。シンプルに日本のオーディエンスに感謝の意を述べて
いた。最初だけ「メルシー」と言っていたと思うが、あとは基本英語、そして
妙に流暢な「アリガトウゴザイマス」(笑)。

もちろん最新作のツアーなので最新作が基本となったセットリストであったが、
本編ラストだったかな? Souvenirs D'un Autre Mondeをやってくれたのが
嬉しかった。1ST収録の名曲です。私としては、ファースト作リリース時に
彼らの存在を知ったというのもあるので、やっぱり聴けて嬉しかったなあ。
美しき轟音を浴びて、感無量であった。

アンコール曲はDélivrance。ネージュ氏は最後まで残って、フィードバック
ノイズと戯れていた。もちろん攻撃的なものではなく、最後まで彼は自身の
夢想する音世界で漂っていたように見えた。それが、私にはひどく羨ましく
思えてしまった。そこには観客の理解などを超越した、自己愛とも言うべき
空気が漂っており、そういうアーティストは最近減ってしまったので、
彼が実際どう思っているのかは知らないが、その姿勢は、見事なサウンドと
いう点において保証されている以上、アーティストとして実に美しい。
そう思うのだ。

at 00:13, 某スタッフ, Music(Live Report)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:13, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1254