smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< Sondre Lerche 新作PV映像“BAD LAW”公開!!! | main | 気になる英国ロック若手事情。その 〜 Death and the Penguin >>

BLOOD ORANGE “Always Let U Down”が素晴らしすぎる・・・



先月、ようやく日本盤もリリースされたので、このBLOOD ORANGEという存在を
知っている人は増えたと思うが、一応説明すると、00年代半ばくらいにデビューした
英国のバンド、Test Iciclesのメンバーとして世に出たDev Hynes氏による、現在の
メイン・プロジェクトがBLOOD ORANGE。以前にはLightspeed Championという
名義でも活動しており、かなり多才な人物である。

非常に恥ずかしい話ではあるが、私は彼のキャリアを全てリアルタイムで知って
いながら、どのプロジェクトにも全く興味を持つことができず、今の今までスルー
しておりました。が、先日職場の店頭演奏で流してみたBLOOD ORANGEのセカンド
アルバムCupid Deluxeを聴いて、土下座と共に早速購入した次第である(苦笑)。

もちろん、アルバム自体なかなか良い出来栄えなのだが、何より私のような人間の
心を捉えたのは、Always Let U Downという曲。正直、曲名だけ見て察しがつく
ような人(私含む)にしてみれば感動を禁じ得ないのだが、拙ブログでも何度となく
その素晴らしさを訴え続けている、MANSUNの大名曲I Can Only Disappoint U
変則的カヴァーである。あえてタイトルを変更しているのは、Dev氏のマンサン愛と
私は解釈しました(笑)。というか、マンサンを取り上げているというだけで、もう
全て肯定できてしまう。手の平返し過ぎて申し訳ない・・・。

原曲があまりにも無駄の無い、(怪作「SIX」を作ったバンドとは思えないほど)シンプルで
普遍性を持った美しい楽曲なので、下手にいじるのは難しいと思われるが、Dev氏は
今時のインディ・ソウル〜R&B的なセンスで、まるで若干ファンキー(ベースを中心
としたビートが)になったBLUE NILE(!)の如きアレンジ、かつ女性ヴォーカリスト
(FRIENDSというNYのバンドに所属しているシンガー)をメインに歌わせることで、
抑制された美しさと物悲しさを、上手く表現しているように感じた。

Dev氏の年齢(現在28歳)を考えると、マンサンが活躍していたのは彼がローティーン
からミドル・ティーンの頃にかけて、の事である。「中学の頃、好きだったなあ」
みたいな感覚でカヴァーしたのであろうか・・・その辺りは不明だが、ともあれ
BLOOD ORANGEの素晴らしさはもちろんのこと、マンサンの再評価にまで、是非
繋がってもらいたいと切望する(笑)。


↓ 原曲。やっぱチャドのギターは天才的過ぎる。バーニーやジョニー・グリーンウッド
と並ぶくらいに、90年代の英国が生んだ名ギタリストだと思うのだが・・・。

 

まあそれにしても、天才にして極限まで英国的皮肉屋ポール氏の書く詩は素晴らしい。
素晴らしいほどにニヒリズム全開である。この楽曲は彼にしては非常に分かりやすい
単語も多く、私たち日本人でも理解しやすい内容だが、だからこそ、恐ろしいほどに
ポジティブさの欠片もない内容に慄然としてしまう。それでいて、このあまりにも
美しいメロディだからねえ・・・。

at 23:32, 某スタッフ, Music(Recommend)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:32, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1283