smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ラスベガスからやってきた"Fashion-Art Rock Band" 〜 Palaye Royale | main | 100 Best Songs Of The 1990s By NME >>

hide 「PSYENCE」

 

 

1996年の今日、hideにとっては通算2枚目となるソロ・アルバムPSYENCE

リリースされた。前作HIDE YOUR FACEで曝け出したhideというアーティストの

持つポテンシャル、唯一無比の才能は、本作をもって、"限界破裂"ならぬ限界炸裂した

と言っても過言ではない傑作である。1996年という時期を鑑みても、ここ極東の国で

このような素晴らしいロック・アルバムが生まれたという事実は、もっと重要視すべき

であろう。時代とリアルタイムにリンクしながらも、時代性に囚われない、バラエティに

富んだ、おもちゃ箱のようなアルバム。精神病と科学を足したという絶妙な造語のタイトル

からして、hide一流の美学に則っており、まさにhide学とでも言うべき作品なのだ。

 

私個人としては、発売日に秋葉原の今は亡き・・・…店舗名は忘れてしまったが、ともあれ

学校帰り(サボったかもしれない(笑))に初回盤を買いに走ったことはよく覚えている。

故に、今回は自前のアルバムを写真に撮って、ジャケット画像として載せてみた。

hideなんだからピンクだろ、と思って買ったっけ。私自身の趣味も多分にあったけど。

CDの盤面を確認したら、当然の如く盤C(弊社基準)であった(笑)。超、超聴いたからなあ。

付属のブックレットは、もう最高にカッコいいセンス抜群のレイアウトで、今目にしても

全く古びてないというのが凄い。Xのhide、というイメージがまだ濃厚だった前作と

比べると、ポップで過激、毒気満載というhideらしさは10倍増しになっている。勿論

それは、アートワークのみならず、音全体にも貫かれている基本姿勢である。以下、

いつも通り好き勝手に全曲それぞれ、私の想いと共に述べていこう。

 

1.PSYENCE

 

前作と同様、インスト曲から始まるオープニングだが、いかにもギタリストのソロ作、といった

前作のギター・オーケストレーションな楽曲とは打って変わって、瀟洒なイタリアン・シネマの

ような架空のサントラ風のナンバーとなっている。

 

2.ERASE

 

軽快なアコギのカッティングから、ワウを効かせたhide節炸裂のギター・バッキングが重なり合い、

新たなhideワールドに一気に引きこまれていく。悪意皮肉たっぷりの歌詞は、hide氏の作詞家と

しての才能も、別次元に突入したことを示している。「まともな歌 唄うよ」なんて嘯きながら、

「SHAVADA DUBI DABADA」と吐き捨てるカッコ良さ。たまらん。

 

3.限界破裂

 

もう、超・超好き(笑)。金内孝史氏(EX:DIE IN CRIES)のうねうねと動き回るベースが最高に

素晴らしい。ドラムスは本作においてメインで叩いている宮脇“JOE”知史氏なので、相性の良さは

言うまでもないだろう。ハードかつ強烈にポップ、何処を切り取ってもhide節炸裂な楽曲であり、

捻くれまくったhide流のラヴソング。「君」「あの娘」「あなた」と対象を表す二人称の使い方も絶妙だ。

ギター・ソロは途中からロング・トーンでツインのハーモニーが入ったりして、ヘヴィ・メタル畑の

血が騒いだかのような展開になるのも興味深い。うーん、最高!!

 

「いとしの僕の 「不安定」 」

 

4.DAMAGE

 

hide氏お得意の、インダストリアル風のヘヴィかつタイトなギター・リフで押しまくるナンバー。

今聴くと、明らかに(hide自身が愛した)THE MAD CAPSULE MARKETSからの影響を感じますね。

歌い回しやリズム・パターン辺りは特に。歌詞世界は当然ながら全く違う志向で、隠しきれぬ

hide氏の陰の部分が溢れてしまっております。

 

「何故そんなに無理してる?」

「誰もお前の事など 気にしない」

 

5.LEMONed I Scream [CHOCO−CHIP version]

 

同時代の英国ロック〜オルタナ風の佳曲だが、この曲もとにかく好きなんです(笑)。明るい曲調

だが、何処か寂しいという英国伝統の趣を見事にhide楽曲として昇華しております。今更説明

するまでもないが、LEMONedというのは当時インディーズで活動していたZEPPET STOREを

デビューさせる為にhide氏自らが設立したレーベル名で、今となってはhideワールドの総称の

ような意味を持つ重要な言葉である。ちなみに、シングル曲"MISERY"のカップリング曲でも

あり、アルバム・バージョンとなっている。

 

余談になるが、本作自体、英国インディ、シューゲイザー、USオルタナといったサウンドが

根っこにあるZEPPET STOREからの影響を随所に感じさせるというのは、何とも興味深い。

前作にはほとんど無かった要素であるし、当時32歳だったhide氏の柔軟な姿勢、子供の

ような好奇心が伺えて、聴いているこちらも嬉しくなってしまう。

 

6.Hi-Ho

 

"50% & 50%"を思わせる楽曲だが、より英国的になっている。このリズム・パターン、

同じく英国ロックに影響受けまくったイエモンの楽曲と比べてみるといい(笑)。勿論、

英国大好き人間の私としても、こういうリズムの楽曲は否が応でも体が反応してしまう。

後にリカット・シングルとしてリリースされております。ガラクタで不良品な自分たちに

対するhide氏一流の賛歌、と私は解釈している。エロティックな言葉遊びも冴えまくり、

あくまでポップに決めるのが、hide氏の持つ素晴らしいセンスなのだ。

 

「どーでもいい物 素敵な事」

 

7.FLAME

 

上述したZEPPET STOREに感化され、"MISERY"を再構築したというロック・バラード。

ギターの使い方、音色の選び方なんかは如何にもhide氏のものと言えるが、静と動が

行き来する楽曲展開は、まさに90年代としか言いようのないサウンドである。もっと

言えば実にスマパン的だ。驚くほど優しい眼差しで語られる歌詞にも注目してもらいたい。

悪戯にポジティブを装うのではなく、風のように、そっと寄り添うようなhide氏の一面が

垣間見えるはずだ。

 

8.BEAUTY & STUPID

 

前曲で感動させたと思ったらこれ(笑)。最高です。この曲も、hideとしか言いようの無い

楽曲だろう。hide氏自身が弾いている(クレジットを確認した限り)ベースもカッコいい。

猥雑な言葉の羅列っぷりも極まっております。後にトリビュート盤で清春氏がカヴァー

しているが、何というか、運命的な選曲だと当時も感じたものだ。そりゃ、清春氏なら

この曲を選ぶよねっていう。

 

9.OEDO COWBOYS

 

インターバル的なインスト曲。これまたマカロニ風サントラちっくなナンバーで、当時の

hide氏の趣味だったのかなあ、なんて思ったり。

 

10.BACTERIA

 

如何にもhide氏らしい、後のzilchにも通じるヘヴィ・ナンバー。ちゃんとポップなのもhide一流の

バランス感覚なんです。こういう楽曲を聴くと、当時は若手だったマリリン・マンソン氏がhide氏

にラブコールを送っていたというのも、当然だなと感じ入ってしまう。おそらくマリちゃんは、

自分と同じようなルーツを持ちながら、自分には無い才能をhide氏から感じ取っていたのだろう。

 

11.GOOD-BYE

 

"Hi-Ho"と共にリカットシングルとして後にリリースされている楽曲。「winding road」なんて

言葉も飛び出す歌詞からしてビートルズの影響を感じさせ、hide氏のまた違った一面を見せる

ような、英国サイケポップ風味が良い塩梅です。

 

12.Cafe Le Psyence

 

ロマンティックなインスト曲。やっぱり架空のサントラ的で、それは意識的だったのだろうと

思う。目くるめくhideワールドが詰まった本作は、映画的な魅力があるとも言えるからだ。

 

13.LASSIE [demo master version]

 

悪戯っ子なhide氏の遊び心が炸裂!! こんな楽曲、歌詞は並のバンドがやったら悲惨な結果に

終わることだろう。ミュージシャンとしての確かな技量が基盤としてあって、あえてふざけた

事を真正面から取り組むhide氏の舌を出して笑う顔が目に浮かぶようである。クレジットを

確認してみると、この楽曲に関してはhide氏と盟友INA氏の2人だけで作り上げたようなので、

さぞ楽しい制作現場であったことだろう(笑)。

 

14.POSE

 

有体に言ってしまうと、デジロック的な楽曲。これもhide氏の得意としていたパターンだと

思うが、「全部ポーズなんだよ」と嘯く姿は、複雑で多面的なhideというアーティストの闇と

いうか、虚無的な側面も感じ取れる。それもまた、彼の魅力となっているというのは否め

ないのだが……。

 

15.MISERY[remix version]

 

そんなhide氏の絶妙なバランス感覚は、この楽曲を実質的なクライマックスに持ってくる

ことで、本作を見事な大団円へと着地させることに成功している。このとびきりポップな

楽曲が生まれた経緯は各自調べて頂きたいが、私個人としては、この楽曲にそれほどの

思い入れは無いにせよ、37歳になった今、改めて聴いて、何だか泣けてしまったことを

正直に告白しよう(苦笑)。hide氏があのような死を迎えたことで、残された楽曲にも

様々な悲劇色を見出すことは容易であろうが、この楽曲が持つ明るい世界観、未来へと

繋がる希望は、決して「POSE」ではない、hide氏が心から願ったものであって、それは

年齢を重ねた今だからこそ、胸に迫るものがあるのだ。

 

16.ATOMIC M.O.M

 

そしてまたオープニングへと繋がっていく。アルバムという形態がはっきりとした意味を

持っていた、90年代の作品ならではの締め方である。

 

 

拙ブログでも何度となく語っているように、誰が何と言おうと、90年代という時代に

音楽狂いの10代のほぼ全てを過ごせたことは、私にとっては幸せな音楽体験であり、

本作もまた、当時17歳だった私にとっては、出会えたこと自体が大切な、あまりにも

大切な記憶として、永遠に私自身に刻まれた、刻み込んだ音楽なのである。

at 23:06, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:06, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
蛆癒え, 2016/09/14 11:13 PM

Xのある種近寄りがたい、謎めいたロックスターがこのPsyenceで良い意味でラフでポップな面が開花。この後の日本ロックの変革へなろうか…という時期の作品で、学生時代ということもあり、某スタッフさんと同じく貪るようにきいていました。
Hide your face 原理主義の私としてはデカダンでニヒルな面がなんだかものたりなくもあったのですが、逆にこんな音やアレンジがあるんだって、勉強しました。
あの時代にBECKやukロックとやりあえる音は少したったあとでしみるものがあります。

MISERYの悲しいというならば 空の青ささえも 届かないもどかしさに 君はなくんだろう
という一文にわかるわかるって、オジサン泣きました。空の青さが目障りだけど、やっぱり変えがたいほどに美しいんだよな。
個人的に辛かった時期の終わりのビルの隙間から見えた真っ青な空は忘れられません。

そんなhideも死ぬまで愛聴しつづけます。

某スタッフ, 2016/09/16 1:29 AM

>蛆癒えさん

そう、そうなんです。このアルバムはXのhide氏がまったくちらつかないというか、
本格的にhideになったのだなと思わせる作品なのだと思います。
雑食なところはMID 90's時のUSオルタナ〜インディを彷彿させますね。そこれそ
BECKの感性に、音は違えど共振する面は感じられます。いや、改めてこのアルバムは
凄いですよ。

我々はどちらかと言えば、ブルースカイ・コンプレックスな人種ですからね(笑)。
それでも、そんな我々にこそ、このアルバムの提示した音は、「私の永遠の1枚」と
言うに足るものなのですね。










trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1493