smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 2/8 (水) 渋谷WWW X 〜 mouse on the keys OUT OF BODY TOUR 2017 w/LITE | main | 3/4(土) 東京キネマ倶楽部 〜 CREATURE CREATURE "Death Is A Flower: The Second Volume" Final >>

RYAN ADAMS 「PRISONER」

 

 

現代アメリカを代表するSSW、ライアン・アダムスによる待望の新譜。多作なアーティスト

故に、常に何かしら作品をリリースしているイメージではあるが、Taylor Swiftのアルバムを

全曲カヴァーした1989を除けば、オリジナル・アルバムとしては2014年リリースの

セルフ・タイトルのアルバムRYAN ADAMS以来の作品となる。本稿を書いている時点

では、まだ本国アメリカにおけるチャートはまだ出ていないが、既に各国で好リアクションを

得ているようだ。英国では過去最高となる初登場3位をマークしている。

 

が。そんな事はとりあえずどうでもいい。本作の裏ジャケットに注目して頂きたい。

 

 

もう似たようなことを何度も書いているのは分かっているが、それでもDAG NASTYのTシャツを

堂々と着ているようなミュージシャンが作る音楽なんて、素晴らしいものに決まってるだろと

断言させてもらおう(笑)。

 

本作は、私にとっては大体12年振りくらいのライアン・アダムスの新譜である。過去作をずっと

スルーしてきた理由は既に拙ブログで述べた通りだが、去年実現した感動の単独来日公演を経て、

改めて向き合うライアン・アダムスの音楽は、あまりにも赤裸々で、ロマンティックで、男が男で

あることの悲哀、身を焦がすような愛が、痛みが、喜びが、哀しみが、彼にしか生み出せない

メロディと共に迫りくるのであった。このアルバムの内容が、マンディ・ムーアとの離婚という

人生経験が大いに影響しているというのは今更言及するまでもない事だが、そもそも創作活動と

日々の生活とが切り離せない関係性を保ち、完全に一体化しているようなタイプのアーティスト

だからこそ、このような音楽を生み出すことができるのである。

 

サウンド自体は、前作の路線をほぼ踏襲している形ではあるが、粘っこいハードなギター・リフは

割合控え目という印象。先行シングル"Do You Still Love Me?"くらいかもしれない。ドラムを除く

楽器演奏のほとんどをライアン自身が手掛けたとのことだが、クリーン・トーンのギター・プレイは

1989におけるアレンジで見せたスミス愛が滲み出ているような音作りだ。表題曲"Prisoner"

"Anything I Say To You Now"辺りは特に。"To Be Without You""Tightrope"​などの

フォーキーな佳曲もあるし、悲痛な胸の内が込められた歌詞が痛々しくも美しい"Breakdown"

"Broken Anyway"などは、アコギをメインにしながらも全体的にドラマティックなサウンド・

アレンジである。ラスト曲の"We Disappear"は、後半以降のほんのりサイケな展開のまま

フェイドアウトしていくので、ライヴだとジャム合戦になるのかな、なんて妄想してみたり。

ともあれ、全曲において嘘偽りの無い、42歳となったライアン・アダムスの"今"が刻印されて

いる作品と言えるだろう。

 

即効性のあるキャッチーな楽曲があるわけではないし、高品質ながら決して派手ではない作風

なのだが、本作のようなアルバムを味わって聴く喜びというのは、音楽狂としては贅沢な楽しみ

であろう。そういう風に思えるようになった自分自身を、私は嬉しく思う。本作を引っ提げた

来日公演、できれば今年中の実現に期待したいところだ。

at 23:11, 某スタッフ, Music(Recommend)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:11, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1514