smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 3/6(月) 渋谷WOMB 〜 PURITY RING来日公演レポ。 | main | 4/7(金) TSUTAYA O-NEST 〜 ALCEST来日公演レポ。 >>

2017年の英国グルーヴ。 〜 Formation

 

 

今さっき、仕事から帰宅してPC開いて、知ったバンドです(笑)。

 

というわけで、今夜はロンドン出身の5人組、Formationというバンドについて書いて

いこう。詳細なバイオ等はこちらを参照頂くとして、双子の兄弟を中心として結成された

彼らは、2015年と2016年にそれぞれEP作品をリリース、今年3月に待望のデビュー作

Look At The Powerful Peopleを発表(日本盤は4月)した、若手注目株である。

 

何はさておき、音を聴くのが一番だろう。下記PV映像をご覧頂きたい。

 

 

 

 

うーん、超カッコいい(笑)。KASABIANやFriendly Fires、LCD SOUNDSYSTEMといった

00年代のサウンドを引き合いに出されているようだが、本人たちはノーザン・ソウルや

クラシックなロックにも多大な影響を受けているそうで。ギターレスというのがまた、

クールです。生のベースとドラムスのグルーヴに、スタイリッシュなシンセ、キーボードの

音色が乗っかって、パーカッションが乱舞する強靭なビート。ジェントルなメロディを、

流行りのR&B的な歌い回しとは違う、ソウルフルな歌声が力強く歌い上げ(とはいえ押し付け

がましくないのがミソ)ている様がとにかくカッコいい。

 

今や日本でも、海外勢と何ら変わらないシンセ・ポップ、アーバンなシティ風のサウンドを

鳴らしている若い連中が多くいるが、こういう音を聴くと、さすが英国、ロンドンの音だなあ

なんて思ったり。ダンス・パンク的な要素もあるし、インテリな英国チンピラって感じの

スタイルが良いのだ。

 

何となく、THE STREETSなんかを思い出したりもしたが、実際↑のPV映像は、ストリーツ

ことマーク・スキナー氏が手掛けたものだとか。成程なと一人納得した次第である。

 

 

 

 

メロウだしポップだけど、下世話さが全くないというのが今時のセンスなのかなと。見事な

バランス感覚である。オフィシャル・サイトFACEBOOKのページを覗いてみた限り、

自分たちの主義主張がはっきりしている連中のようだ。但し、自らをポリティカルなバンド

だとは捉えていないらしい。要は、己の意思を表明することに恐れなど無い男達だという

ことだろう。イデオロギーに支配された音楽などではなく、あくまで音楽ありきの音楽。

それは彼らの鳴らすサウンドを聴けばよく分かるはずだ。

 

 

今年5月にはいきなりの初来日&単独公演も決まったとのことで、私も是非観に行きたいと

思っている。だって、ライヴ映像を観てごらんなさい。行きたくなるから(笑)。

 

CREATIVEMANさんのページ

 

 

 

at 23:57, 某スタッフ, Music(Recommend/New Face)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:57, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1517