smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 黒夢 「Drug TReatment」 | main | 7/11(火) 新代田FEVER 〜 SONDRE LERCHE PLEASURE JAPAN TOUR 2017 -TONE FLAKES Vol.119 - >>

6/24(土) 赤坂ブリッツ 〜 キノコホテル創業10周年記念大実演会<サロン・ド・キノコ〜飼い慣らされない女たち>

 

 

結成10周年、メジャー進出7年という中堅どころとなった彼女達に相応しい、堂々たる

舞台演出に感涙せざるを得ない。もう、良い意味で安っぽい看板とか、いつものキノコな

クオリティからは卒業したんだなあ……

 

 

何も変わっておりませんでした(笑)。

 

 

というわけで、諸事情あってレポートを書くにはすっかり機を逃してしまったのだが、

10周年記念という特別な、もう一度きりしかない実演会に一胞子として参加したことは、

自身の忘備録という意味においても、拙ブログにて記しておきたい。

 

私にとっては、2010年から始まって、11回目となる実演会参戦。様々な想いが去来した

2時間半の中で、メジャーで活動するバンドでありながらも、所謂アングラ的、サブカル的な

世界に身を置いてはいるのだけれど、その実、多くの人にアピールし得るポピュラリティを

兼ね備えた、キャッチーな楽曲群を多く作ってきたバンドであり、あえて言えばどっちつかずな

立ち位置であったからこそ、裏を返せばブームに流されることも無く、メンバー全員がそれぞれ

稀有なキャラクター性を持ち、プロフェッショナルなミュージシャンで構成された、最高に

カッコいいロック・バンドとしての堅実な在り方を常に提示してきた彼女達は、移ろいやすい

この音楽業界の中で、10年間続けて来られたのだと得心した次第である。


更に言えば、エロティックなダンサー陣との濃厚な艶演にせよ、これまた強烈なキャラとピアノの

腕前でオーディエンスに鮮烈な印象を残したおおくぼけい氏のゲスト参加にせよ、支配人こと

マリアンヌ東雲による観ているだけでも楽しいお色直しにせよ、そういった演出や催しは、

勿論特別な実演会であったからというのはあるのだが、完全主義的な、徹底した世界観の構築

というのではなく、その全てはファンを楽しませる為に在るのだということ。彼女達のプロ根性、

サービス精神を、改めて再確認したのだ。

 

『レジャー』。マリアンヌ女史の中で最近流行っているという言葉なのだが、つまりはそういう事。

 

今回の実演会は幾つものハイライトがあり、1つ1つがファンにとってもバンドにとっても素晴らしい

思い出となったが、ケメちゃんの「これからもチェックアウトせずに、連泊し続けて欲しい」といった

ようなMCが、今回の実演会の大切な全てを総括するような、最も象徴的な言葉であった。

 

 

今回はいつものようなライヴ・レポにはならなかったが、何だかんだで支配人のMCにも、所々で

感傷的な雰囲気が漂っていたように、私自身も感傷的な気持ちになってしまったが故の文章と

言い訳させて頂こう。諒とされたい。

 

ともあれ、これで終わりではない。まだまだいける。もっとカッコいいキノコ達が、手ぐすね引いて

待っている。そんな未来に立ち会うべく、これからも私自身、このレジャーに参加して、出来る限り

連泊させてもらうとしよう(笑)。

 

ありがとう、キノコホテル。

 

at 22:54, 某スタッフ, Music(Live Report)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://thisafternoon.jugem.jp/trackback/1526