smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
flag counter (2011 7/22〜)
free counters
Free counters
My Music Works

madeleine(demo)
by Mizutamari (From Japan)
スマートフォンの方は↓で。
スマホ版表示
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

黒夢 「Drug TReatment」

 

 

1997年の今日、黒夢にとってはメジャー通算4枚目となるアルバム……問題作といって

いいであろう、Drug TReatmentがリリースされた。

 

前作の音楽的変化にまだ追い付いていないファンも多くいたはずだが、黒夢はそのような

事は一切気にせず、ハードな方向へと舵を切ったのは前作だけの単なる気紛れではないと、

本作を聴いた当時の黒夢ファンなら誰もが実感したことであろう。恐らくは、本作と次作の

イメージ像が、最も世間的にも知られている"黒夢"と言えるかもしれない。私より若い連中、

80年代前半から半ば生まれの黒夢好きに話を聞いた限りでは、やはりパンク化した黒夢に、

中学生ないし高校生の時に出会って衝撃を受けたというパターンはかなり多いようだ。もっと

言えば黒夢でパンクを知った、なんていう子達が、私が思っている以上に大勢いたのであろう。

 

私は本作をどのような気持ちで聴いていたのか……たぶん、好きなバンドの新作として聴いて

いたのだろう。以前も書いたように、音楽的な変化に関しては、少なくとも黒夢に対しては

そこまで気になることもなく、直接的な敵意や怒りを剥き出しにする97年の黒夢の音楽を、

やはり楽しんでいたのだ。が、当時18歳の私は、洋楽と邦楽を聴くバランスが完全に前者へと

傾き始めた時期であって、本作を聴いて大いにチャームされるようなことは無く、強烈な

サムシングを受けたわけではなかった、という偽らざる気持ちは、正直あったと思う。

 

こうして文章にするにあたって、改めてアルバムを通して何度か聴き直した。結果感じたのは、

ドラッグという強烈なモチーフを中心に添えつつ、基本的なテーマは数点に絞られており、

反逆のカリスマとしての黒夢が完成されたアルバムであり、エロティシズムの極限を押し

出した楽曲もあり、宿命のように刻まれる、清春氏独特の女性観に則った楽曲もある、

といった内容は、思いの外前作と比べても極端な変化というわけではなかったのだな、と

いうこと。散漫な印象は否めなかった前作と比べて、サウンド自体の統一感もある。本作が

無かったら、SADS誕生も無かったのではないか、という要素も多く発見できる。

 

 

そんな当時の想いと今現在の印象を踏まえつつ、全曲それぞれについて語っていこう。

続きを読む >>

at 00:00, 某スタッフ, Music(20th Anniversary)

comments(2), trackbacks(0), pookmark

6/5(月) 恵比寿リキッドルーム 〜 JIMMY EAT WORLD単独来日公演レポ。

 

 

"Even at twenty five you got to start sometime"

 

Jimmy Eat Worldがこう歌ったのは、Breed Americanリリース時が2001年なので、

バンドメンバーも大体25歳から少し上くらいの年齢であった頃の話である。自分たちの

思い入れがある、彼らにとっての讃美歌と言える様々な楽曲のタイトルを歌詞に散りばめ

自らを奮い立たせるような、素晴らしい名曲に出会った時、私は22歳。彼らとの出会いは

Clarityが発売された頃、つまり99年。Breed Americanリリースに至るまでの

バンドの苦難をリアルタイムで知っている身としては、00年代の幕開けを飾るに相応しい、

あまりにも素晴らしい出来栄えに驚きながらも、彼らはまだまだいける、否、まだまだ

これからなんだ、と確信したものである。その後の活躍は言及するまでもないだろう。

 

あれから16年が過ぎて、いや、もっと言えばジミー・イート・ワールドという素晴らしい

バンドとの出会いから18年という月日が流れた今、40代を過ぎた彼らの、今も変わらない

汗が飛び散る"エモーショナル"な熱演を、珠玉の名曲群と共に目一杯浴びることのできた

38歳の私は、やはり幸せ者であったのだ。

続きを読む >>

at 23:45, 某スタッフ, Music(Live Report)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Liam Gallagher "Wall Of Glass"

 

 

昨今のリアム氏は、何だかTWITTER芸人のような立ち位置になってしまっていて、

激動の90年代を傍若無人に駆け抜けたカリスマとしてのリアム・ギャラガーを知る

世代としては、強烈な思い入れなど無くとも、何だか寂しい気持ちにさせられていた。

 

それでも尚、2017年にして復活の狼煙を上げるべく生み出されたこの楽曲を聴けば、

出来不出来を通り越して、リアム・ギャラガーはどうあれ歌い続けなくてはいけない、

OASISという途方もない看板を背負いながらも、歌うという宿命を背負わされている

存在なのだということが、誰しも理解できるであろう。

 

相変わらずTWITTERは手放せないようだが(笑)、そりゃないぜといったような情けない

事を呟いても、リアムは歌い出せばいつでもロックスターなのだ。今夜も、また。

at 23:35, 某スタッフ, Music(News)

comments(0), trackbacks(0), pookmark